小児の患者さん向けの換気装置

お子さんの呼吸パターンは、成人の呼吸パターンと違って、1回換気量が小さく (出生時10mL/kg)、呼吸回数が多い (出生時40 bpm、2歳児で20 bpmまで減少) という特徴があります。 レスメドの換気装置は、小児の患者さんの呼吸ニーズを念頭に設計されています。