小児呼吸不全の治療

 

お子さんは、様々な原因により呼吸障害 (または睡眠呼吸障害)、呼吸困難、呼吸不全の治療が必要がとなることがあります。 代表的な原因には以下があります。

  1. 扁桃腺やアデノイドの肥大、大きな舌、小さなあご、高口蓋、口蓋裂手術、気道弛緩などによって起こる上気道の狭窄や閉塞。
  2. 嚢胞性線維症などの肺疾患や脊柱の湾曲が肺機能をおかす脊柱側彎症。
  3. 脊髄の損傷などにより脳と呼吸器間の信号伝達に問題を来す疾患。
  4. 筋ジストロフィーなど、筋力の低下に関連する疾患。
  5. 21トリソミー (ダウン症)、軟骨形成不全症、ピエール・ロバン症候群、プラダーウィリ症候群などの先天性の疾患や症候群。

レスメドでは、呼吸障害 (または睡眠呼吸障害)、呼吸困難、呼吸不全のあるお子さんの診断と治療は、成人の場合とは異なることを理解しています。 当社の小児用呼吸支持治療製品は、小児の患者さん特有の治療条件に対応します。

その条件とは、

  • 呼吸支持装置は、小さい肺に合うものでなければなりません。
  • どんなに小さな呼吸努力も検知できる、先進技術を持った呼吸支持装置でなければなりません。
  • お子さんの顔の形状に合った設計のマスクでなければなりません。
  • お子さんが治療による生活上の支障を克服できるよう、ご家族や介護者の強いサポートの輪がなければなりません。

お子さんのための呼吸補助装置についてさらに見る

お子さんに合った治療オプションは、基礎疾患とその重症度により異なります。 いずれの場合も、担当の医師がお子さんに最適な治療を検討・決定します。

お子さんの治療装置があっても、お出かけの計画に支障が出ることはありません。