いびきの原因

キャプション:ノーマル、オープン気道。部分的に閉じ気道。無呼吸の間、閉鎖気道。

夜いびきをかいていると言われる方は、十分な睡眠が取れていないのを既に自覚していることが多いものです。 睡眠中は、首の筋肉が弛緩します。 弛緩がひどいと上気道 (鼻とのど) が一部塞がれ、狭くなりすぎて十分な空気が肺に届かなくなります。 これは扁桃腺が腫れたり首回りに脂肪が付きすぎたりして一時的な理由で起きることも、鼻やあごの形状などの構造的な理由で起こることもあります。 このように気道が狭まるとのどに振動が起こり、それがいびきの音となります。

自分も家族も苦しめるいびき

いびきは同室の方の眠りを妨げるだけでなく、自覚のあるなしに関わらず、自分の睡眠も妨げます。 いびきをかくということは、体が重要な機能を果たすのに必要な量の酸素を体内に取り込めていないということです。 また、自覚症状なしに夜通し何回も目を覚ましていることもあります。 それにより日中すっきりした気分で元気に過ごすのに必要な、健康な眠りが妨げられます。 そこで、いびきの原因に関わらず、いびきをかく方やいびきをかいているのではないかと思われる方は、それを潜在的な問題の兆候だととらえ、睡眠検査について医師と相談してみましょう。

健康的な睡眠についてさらに読む

夜ぐっすり眠れないと、日中も体調がすぐれないことがよくあります。 なぜ睡眠が全身の健康にとって非常に大切なのか、また、ぐっすり眠れないとどんな問題が起こるかをお読みください。

健康的な食事をしたり、よく運動したりするのと同様、よく眠ることは全身の健康にとって非常に大切です。 毎晩十分な睡眠を取る方法についてお読みください。