診断と治療

呼吸は生命の源です。

しかし同時に、呼吸はあまりにも当たり前の事で、普段考えることもありません。 夜いびきをかいたり、朝起きて疲労を感じたり、息が苦しくなったりするのを経験して初めて、呼吸の大切さに気付きよりよい呼吸を求めるようになるのです。

朝起きた時に非常に疲れていたら、是非そのままにしないでください。 睡眠障害と診断され、治療を行うことで、これまでになく健康な生活が送れるようになります。

健康的な食事をしたり、よく運動したりするのと同様、よく眠ることは全身の健康にとって非常に大切です。 あなたの睡眠と健康の状態はいかがですか? 毎晩しっかり眠れているか、また、睡眠不足の時はどうしたらいいかについてお読みください。

睡眠時無呼吸が疑われたら、どうすればいいのでしょうか?

いびきをかく、夜間何度も目が覚める、一日中疲れている、という方は、医師にご相談ください。 元気を取り戻す方法を見つけましょう。

睡眠のしくみ

夜ぐっすり眠れないと、日中も体調がすぐれないことがよくあります。 なぜ睡眠が全身の健康にとって非常に大切なのか、また、ぐっすり眠れないとどんな問題が起こるかをお読みください。

睡眠のしくみ

睡眠のしくみ

夜ぐっすり眠れないと、日中も体調がすぐれないことがよくあります。 なぜ睡眠が全身の健康にとって非常に大切なのか、また、ぐっすり眠れないとどんな問題が起こるかをお読みください。

いびきの原因

いびきの原因

いびきの原因 睡眠中は、首の筋肉が弛緩します。 弛緩がひどいと気道が一部塞がれ、狭くなりすぎて十分な空気が肺に届かなくなります。

快眠のヒント

健康的な食事をしたり、よく運動したりするのと同様、よく眠ることは全身の健康にとって非常に大切です。 毎晩十分な睡眠を取る方法についてお読みください。

睡眠時無呼吸のある人は少なくありませんが、それを自覚していないことがあります。 いびきなどのよくある症状を理解して、非常に疲れを感じる理由を見つけましょう。 しかし、たとえ睡眠時無呼吸だったとしても、あなたは決して一人ではありません。しかも、睡眠時無呼吸を克服する方法もあるのです。

睡眠時無呼吸とは

睡眠時無呼吸とは

「睡眠時無呼吸」とは何か、また、睡眠時無呼吸 があると体がどう反応するかをお読みください。
無呼吸が起こると、肺への空気の流れが10秒以上も止まってしまい、 呼吸に必要な分だけ体が目を覚ますように脳から指令が送られます。 体は目を覚まして呼吸を行うとまた眠りに戻り、そのサイクルが繰り返されていきます。 そして、人によっては1時間当たり50回以上もこのサイクルを行っているのです。

睡眠時無呼吸の種類

睡眠時無呼吸の主な3種類の違いと、ご自分やご家族の症状の見分け方をお読みください。

睡眠時無呼吸の一般的な症状

健康への第一歩として、睡眠時無呼吸の症状を知りましょう。

睡眠時無呼吸でお悩みの方への朗報

睡眠時無呼吸で悩んでいる方は、たくさんいらっしゃいます。あなたは、決して一人ではありません。 そして、その悩みは改善でき、ひとたび治療を始めれば、気分もとても楽になるのです。

睡眠時無呼吸でお悩みの方への朗報

睡眠時無呼吸でお悩みの方への朗報

睡眠時無呼吸で悩んでいる方は、たくさんいらっしゃいます。あなたは、決して一人ではありません。 そして、その悩みは改善でき、ひとたび治療を始めれば、気分もとても楽になるのです。

睡眠時無呼吸診断テスト

簡単な診断テストで睡眠時無呼吸の恐れがあるかチェックしてみましょう。 テストの結果、睡眠時無呼吸が疑われる場合は、医師に相談して必要な医療ケアを受けましょう。

睡眠時無呼吸の診断

睡眠時無呼吸が疑われる方へ ー レスメドとともに快眠への道を一緒に歩んでいきましょう。

睡眠時無呼吸の治療

睡眠医療のグローバルリーダー、レスメドが睡眠時無呼吸の治療オプションと各治療法の概要をお届けします。

睡眠中や日中に息苦しさを感じたら、深刻な呼吸障害により肺がおかされている可能性があります。 呼吸のしくみと自発的な呼吸を妨げる諸症状について知識を身に付けましょう。

呼吸のしくみ

通常の呼吸のしくみを知ると、呼吸がうまくできない原因を理解しやすくなります。

診断

しっかりとした呼吸の妨げになるような症状がある場合、換気装置の助けが必要となることがあります。 ご自分の症状に合った診断方法を見つけましょう。

診断

診断

しっかりとした呼吸の妨げになるような症状がある場合、換気装置の助けが必要となることがあります。 ご自分の症状に合った診断方法を見つけましょう。

慢性閉塞性肺疾患 (COPD)

慢性閉塞性肺疾患 (COPD)

慢性閉塞性肺疾患 (COPD) に関し、症状、治療のメリット、レスメドの治療用製品をご覧ください。

神経筋疾患 (NMD)

神経筋疾患 (NMD) の症状、治療のメリット、レスメドの治療用製品についてさらにお読みください。

お子さんの呼吸をたすけるために

レスメドでは、お子さんの治療がスムーズに行われるよう、深い理解と誠意を込めて情報を提供しています。

肥満低換気症候群 (OHS)

肥満低換気症候群 (OHS) の症状、治療のメリット、レスメドの治療用製品についてさらにお読みください。

拘束性肺疾患

拘束性肺疾患の症状、治療のメリット、レスメドの治療用製品についてさらにお読みください。

これまでに睡眠障害や呼吸障害の診断を受けた人は、決してあなた一人ではありません。 診断から治療、そしてその先へと、健康改善への道のりを歩んでいる患者さんの声を聞きましょう。

バリーさんの体験

バリーさんの体験

バリーさんは、奥さんのマーガレットさんの勧めで医師の診断を受け、睡眠時無呼吸の治療に乗り出しました。

ブライアンさんの体験談

ブライアンさんは当初、睡眠時無呼吸の治療で非常につらいのどの手術を受けました。しかし、手術後も症状は治まりませんでした。 その後は気道陽圧療法に切り替え、現在ではS9装置を使っています。 エネルギッシュで活動的な性格のブライアンさんは、常に行動しています。 仕事も順調で、ビジネスマンとしてよく海外にも出張し、充実した生活を送っています。

ブライアンさんの体験談

ブライアンさんの体験談

ブライアンさんは当初、睡眠時無呼吸の治療で非常につらいのどの手術を受けました。しかし、手術後も症状は治まりませんでした。 その後は気道陽圧療法に切り替え、現在ではS9装置を使っています。 エネルギッシュで活動的な性格のブライアンさんは、常に行動しています。 仕事も順調で、ビジネスマンとしてよく海外にも出張し、充実した生活を送っています。

ダイアナさんの体験談

ダイアナさんの体験談

ダイアナさんは、典型的な睡眠時無呼吸の患者さんではありません。

ケビンさんの体験談

奥さんのスーさんを乗せて運転中に大きな事故を起こして以来、ケビンさんは夜間のいびきや日中の眠気を無視するわけにはいかなくなりました。

ケビンさんの体験談

ケビンさんの体験談

奥さんのスーさんを乗せて運転中に大きな事故を起こして以来、ケビンさんは夜間のいびきや日中の眠気を無視するわけにはいかなくなりました。

マットさんの体験談

マットさんの体験談

マットさんは、10年以上にわたり、いつも疲れを感じていました。 しかも、パートナーはぐっすり眠れるタイプなので、マットさんの呼吸が1時間に平均34回も止まっていることに気付きませんでした。