私たちのストーリー

1981年、シドニー大学で Colin Sullivan 教授と同僚が閉塞性睡眠時無呼吸症候群 (OSA) に対する初めての非侵襲的治療の成功例として持続気道陽圧 (CPAP)療法を表し、開発しました。

Lancet への成功結果の発表後、その技術の特許を取得した Sullivan はこの人生を変えるような技術を商品化するために提携できるパートナーを探しました。1986年、彼は Medical Research の Baxter Centre  の代表取締役社長および Baxter Healthcare の研究開発の副社長を務める Chris Lynch に話を持ち掛け、Lynch は次に Baxter の同僚である Dr. Peter Farrell に連絡しました。

1987年、Baxter を代表する Farrell は CPAP の試作品をさらに進化させ、重症の睡眠時無呼吸症候群の患者グループに臨床試験を実施するため Sullivan の技術に投資しました。1989年、Baxter が様々な理由から睡眠時無呼吸症候群の市場には介入しない決断をした後、Farrell は Baxter から Sullivan の睡眠技術を買い取り、スケーラブルデバイス製造を可能にするため、つまり CPAP を世界中に広くもたらすため彼の試作品 CPAP 機器を商品化する目的で ResMed (「Respiratory Medicine」の省略形) を設立しました。

それ以来、ResMed は Farrell の企業内で供給されています: CPAP マスク、CPAP マシン、室内生命維持人工呼吸器をより快適に、より静かに、簡単に使いやすくしています。そして世界中で臨床医による遠隔モニタリングが可能な、300万人を超える患者を擁する、遠隔およびセルフモニタリングソフトウェアの世界的リーダーともなりました。本ソフトウェアは患者の治療アドヒアランス率と臨床医のビジネス効率性を高めるということがわかっています。

最新製品について:

·         2017:  AirTouch F20 革命的な快適さを提供するメモリーフォーム技術を搭載したクッションフルフェースマスク

·         2017:  AirMini 無水加湿機能を搭載し、スマートフォンのアプリで操作できる重量450グラム未満の世界最小のCPAPマシン

·         2016:  AirFit 20 InfinitySeal シリコンクッション付きの鼻カバーマスクおよびフルフェースマスク で、1-4それぞれが97%から99%の装着者にぴったりフィット。

·         2015: S+、世界初の非接触睡眠トラッカー (次世代のトラッカーは、2017年11月 ResMed、Dr. Oz、Pegasus Capital の共同事業である SleepScore Labs によりリリースされた SleepScore Max)

·         2014:  Air10 シリーズ より小さく、より静かで、すべてクラウド接続可能な CPAP マシーン

·         2014:  AirSense 10 AutoSet for Her 軽度から中等度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群のため世界で唯一女性向けの治療用にデザインされた CPAP

·         2014:  Astral 室内利用向けの軽量でポータブルな生命維持人工呼吸器。 2016年、クラウド接続可能な遠隔モニタリングができる世界初の人工呼吸器に

ResMed の1990年会計年度の収益は100万ドル未満でたった9人の従業員しかいませんでした。2017年7月の時点で ResMed は S&P 500 の企業として時価総額10億ドルを超え、年間収益は20億ドルを超えています。世界中に6,000人を超える従業員を持ち、120を超える国で操業しています。

現在、ResMed の創業者である Peter Farrell は ResMed の取締役会の会長を務めています。彼の息子 Michael "Mick" Farrell は、15年以上 ResMed の従業員でしたが、2013年からは CEO を務めています。

  • 01

    2016年3月から4月までの ResMed AirFit F20 の既存の CPAP 患者のオーストラリア内部適合研究。

  • 02

    2016年4月に行われた ResMed AirFit F20 の既存の CPAP 患者のアメリカ内部適合研究。

  • 03

    2016年6月に行われた ResMed AirFit F20 の既存の CPAP 患者の EU および APAC 内部適合研究。

  • 04

    2015年11月に行われた ResMed AirFit N20 の新規および既存の CPAP 患者の内部国際適合研究。