エグゼクティブチーム

Michael “Mick” Farrell

最高経営責任者 (CEO)

Mick Farrell氏は2013年3月以降、ResMed社の最高経営責任者 (CEO) を務めています。2000年にResMed社に入社して以来、2011~2013年にはアメリカ地域の代表取締役、2007~2011年にはグローバル睡眠時無呼吸事業部門の上級副社長、その他販売や事業開発の上級役職を歴任しています。

それ以前には、Arthur D. Little、Genzyme Corporation (現在は Sanofi の一部)、Dow Chemical Company、およびBHP Billitonにて経営コンサルティング、バイオテクノロジー、化学薬品および金属製造の分野に従事してきました。

同氏はまた、ResMed社、Advanced Medical Technology Association (AdvaMed)、Zimmer Biomet (NYSE: ZBH) などの、埋め込み型筋骨格医療機器を世界に提供する数十億ドル規模の企業の取締役会に参加しています。彼はZimmer Biometの2つの 委員会(指名およびガバナンス、補償およびマネジメント開発)のメンバーでもあります。サンディエゴのUC San Diego Foundation、Rady Children’s HospitalやLa Jolla Playhouse、the Museum of Man などの非営利組織でも役員としてボランティア活動を行っています。

同氏は、ニューサウスウェールズ大学にて首席で工学学士、マサチューセッツ工科大学にて化学工学で理学修士、MITスローン経営学大学院にて経営管理学の修士を取得しています。


Rob Douglas

社長兼最高執行責任者 (COO)

Robert Douglas氏は2013年3月にResMed社の社長、2011年9月に最高執行責任者 (COO) に任命されて以来、同社CEOのMick Farrell氏とともにResMed社および子会社の事業運営全般に対する全責任を負っています。

2008年~2011年には、ResMed社のアジア太平洋地域およびグローバル供給事業のCOOとして、同地域の商的流通、販売およびグローバル製造を担当。2005年~2008年にはシドニー支社のCOOとして製造および研究開発、2003年~2005年には事業部長担当副社長として製造部門を担当したほか、2002年 ~2003年にはResMed社の心肺事業担当副社長、2001年の入社時にはマーケティング担当として副社長を歴任しています。

現在はSan Diego Regional Economic Development Corporationの取締役会で共同副議長も兼任しているほか、非営利技術インキュベーターであるEvoNexusの取締役会で副議長も担当しています。

同氏は、マッコーリー大学にてMBA、電気工学部を首席で卒業して学位を取得、シドニーのニューサウスウェールズ大学にてコンピューターサイエンスで理学士も取得しています。


David Pendarvis

最高総務責任者 (CAO) 兼グローバル法務知財顧問

David Pendarvis氏は2011年5月以降、ResMed社の最高総務責任者兼グローバル法務知財顧問を務めています。これらの役職に加えて、2017年3月~8月には欧州、中東およびアフリカ地域、および日本の臨時社長も歴任。2002年9月にグローバル法務知財顧問として入社し、2003年2月以降は事業部長を担当、2005年~2011年には組織開発の上級副社長を務めています。

ResMedへの入社前、2000年~2002年にはGray Cary Ware & Freidenrich LLP法律事務所にて、共同経営者として知的財産および一般ビジネス訴訟に従事。また1986年~2000年にはGibson、Dunn & Crutcher LLPの共同経営者、1984年~1986年にはカリフォルニア南部地区の米国地方裁判所判事のJ. Lawrence Irving氏の判事助手を務めた経験があります。

デビッドは2017年12月にWD-40 Company (NASDAQ: WDFC) の取締役役員に選出されました。同氏は2013年よりSan Diego Regional Chamber of Commerceの役員を務め、2010年よりCorporate Directors Forumの役員もこなしています。2009年から2016年まではSequenom, Incの取締役を務めてきました。

同氏はライス大学で学位を取得、テキサス法科大学で法学修士プログラム(Juris Doctor)の学位を優秀なカムロードの称号で取得しています。またサンディエゴ大学ではエグゼクティブリーダーシップの理学修士も取得、ライス大学では政治科学および経営学の学位も取得しています。


Brett Sandercock

最高財務責任者 (CFO)

Brett Sandercock氏は2006年1月以来ResMed社のCFOを務めています。2004年11月~2005年12月には同社の財務および金融の副社長、1998年~2004年にはグループ全体の会計士および管理者を担当。

ResMed社への入社前、1996年~1998年にはフランスの多国籍企業Saint-Gobainの事業部Norton Abrasivesにて財務会計および財務報告のマネージャーを務めました。1994年~1996年には大きな民間病院を管理するHealth Care of Australiaにて財務会計、1989年~1994年にはシドニーのPricewaterhouse Coopersにて販売および製造、金融サービスや技術などのクライアント監査を担当。

同氏は、シドニーのマクォーリー大学にて経済学学士を取得しており、公認会計士でもあります。


Jim Hollingshead

睡眠事業部、社長

Jim Hollingshead氏は、2017年7月にResMed社の睡眠事業部の社長に任命されました。2013年3月以降、ResMed社のアメリカ地域の社長を務めている同氏は2010年に戦略およびビジネス開発の副社長として同社に入社。2011年には役割が拡大し、同社のベンチャーおよびイニシアチブユニットの指導者、成長期にある早期ビジネスの責任者も務めた経験があります。

同氏は、経費を削減しながら顧客の増収を支えるクラウドベースのビジネスプロセス自動化アプリケーションと連動した医療機器すべてにビルトイン通信を導入することにより、ResMed社の経営はもとより、睡眠セラピー産業の転換点となる戦略の創出、実行に手腕を発揮。同氏のアメリカ地域におけるリーダーシップの下、ResMed社はシェアを急速に広げ、SaaSプラットフォームが普及するきっかけとなるクラウド経由のCPAP機器「Air10™シリーズ」を発表。その成果もあり、ResMed社は遠隔患者モニタリングにおいて世界のトップ企業に成長しました。機器およびSaaSベースの製品を患者、および医療提供者に提供し続けており、今も成長を遂げています。

ResMed社への入社前、同氏は主に生命工学、ハイテク、電気通信など広範囲の産業にわたって18年間、上級管理者と共に戦略コンサルティングに従事。2008年~2010年には、サンフランシスコに拠点を置くDeloitte Consultingの戦略および生命科学部門の代表社員でした。

それ以前は、一流のグローバルコンサルティング会社であるMonitor Groupの西海岸業務執行社員として、世界中のさまざまなオフィスで働きながら、ロンドンに拠点を置く全欧州マーケティング戦略事業を含む3つの事業の立ち上げ、運営に成功した経験があります。

Jimは現在、世界初の非接触睡眠トラッキングモバイルアプリであるSleepScoreのような科学的に有効性が認められた睡眠ソリューションの顧客市場の創出を目指す ResMed、Pegasus Capital、および Oz Media 間の合弁会社SleepScore Labsの取締役も兼任しています。

同氏は、スタンフォード大学にて最優秀の成績で歴史および国際関係論の文学学士、カリフォルニア大学バークレー校にて政治学の修士および博士を取得し、全米科学財団より大学院研究奨励奨学金を授与されています。


Richie McHale

呼吸ケア事業部、社長

Richie McHale氏は2017年7月に、ResMed社の呼吸ケア事業部の取締役に就任。2011年に地域の目覚ましい成長をリードする英国ビジネスチームの取締役としてResMed社に入社し、2013年11月からは同社のCHOを務めています。

同氏はライフサイエンス分野で25年の経験があり、これまで製薬会社、バイオテクノロジー企業、医療技術企で主に商業的な業務を担当。ResMed社に入社する前は、UCB Pharmaの英国およびアイルランド地域の管理責任者でした。またEuropean Medicines Groupの議長およびManagement for the Association of British Pharmaceutical Industry (ABPI)の代表取締役会のメンバーでもありました。

同氏はロンドンのMetanoia Instituteにてコーチング心理学の修士を取得、Metanoia InstituteおよびBritish Psychological Societyに所属しています。


Raj Sodhi

SaaS Business & Healthcare Informatics社長

Raj Sodhi氏は、2014年に就任したHealthcare Informaticsの社長という現在の役職に加え、2017年7月に同社のSoftware as a Service (SaaS) ビジネスの代表取締役に就任しました。これまでもグローバルHealthcare Informaticsチームの副社長としてResMed社の強みを築く援助をし、機器およびSaaSベースの製品のポートフォリオの拡大に尽力し、同社を遠隔患者モニタリングにおける世界のトップ企業という現在の立ち位置までリードしてきました。同氏は2012年に自身が共同設立者兼社長であったUmbian Inc.の買収を通してResMed社に入社しました。

それ以前には、金融サービス産業でSaaSソリューションの設計、開発および管理を担当しています。2005年~2009年にはSkipjack Financial Servicesにてビジネス開発の上級副社長兼最高技術責任者、2000年~2005年にはTransActive Ecommerce Solutionsの共同設立者兼最高技術責任者を務めています。

同氏はノバスコティア、ハリファックスのダルハウジー大学にてMBAおよび数学統計の学士を取得しています。


Katrin Pucknat

ResMed Healthcare最高経営責任者(ドイツ)

Katrin Pucknat氏は、2016年7月にResMed Healthcareの最高経営責任者(ドイツ)に就任。ResMed Healthcareは睡眠時呼吸障害やCOPD、その他慢性呼吸器疾患の患者にサービスを提供するドイツの在宅医療のプロバイダーです。同氏は2010年にResMed社に入社。最近ではEMEAおよびAPAC地域のBusiness Transformationで副社長、ヨーロッパ睡眠呼吸障害事業の責任者を務め、患者サービス、TPR、フィールド責任者、および顧客ビジネスを含むドイツのResMed Healthcare内でさまざまな管理職務を歴任しています。

同氏は医療機器分野(マーケティング、コミュニケーション、事業革新、事業開発など)でおよそ20年の実務経験があります。ResMed社に入社する以前は、米国およびヨーロッパにおいて様々なグローバルマーケティングの上級管理職を担当しています。

フェニックス大学で経営学およびマーケティングの学位を取得し、米国市場において幅広い経験を重ねてきました。拠点はドイツ、ミュンヘンのResMedヘルスケアの本社です。


Justin Leong

アジア成長市場、上級副社長

Justin Leong氏は、2016年5月に中国とインドを含むResMed社のアジア成長市場担当上級副社長に就任。2013年にグローバル戦略の担当副社長としてResMed社に入社し、2015年以降は大中華圏の本部長の職務も兼任してきました。

ResMed社の入社前、2006年~2012年にはロンドンに拠点を置く投資会社HgCapitalで取締役として買収およびポートフォリオ管理を担当、欧州の複数のヘルスケア企業の取締役会の一員でもありました。1999年~2004年にはシドニー、ボストン、ニューヨークに展開するBain & Co.にて成長戦略、経営改善プロジェクト、合併買収について顧客にアドバイスをする管理コンサルタントをしていました。

同氏は、シドニーのニューサウスウェールズ大学で商学学士および法学学士、ハーバードビジネススクールでMBAを取得しています。


Nupur Bhushan

最高人事責任者 (CHO)

Nupur Bhushan氏は、2017年7月にResMed社のCHOに任命されました。全100ヶ国、5,000人のResMed社の従業員と業務戦略をつなぐ責任を担っています。同氏は過去17年間、さまざまな地域や文化にわたり、ハイテクおよび生命科学分野で人事に従事。また、ResMed社のグローバル褒賞および流通事業部の副社長も務めてきました。

2014年にResMed社に入社するまではIBMのアジア太平洋補償給付課長として、全15ヶ国、45,000人の従業員全体の褒賞戦略および設計の責任者を務めました。また、IBMにて老齢退職基金に関する管理担当者も担当。

同氏はインドのゴアにあるGoa Institute of Managementにて人事の経営管理学修士、デリー大学にて化学の学位を取得しています。


Hemanth Reddy

最高戦略責任者(CSO)

Hemanth Reddy氏は2013年9月に、グローバル業務戦略および業務開発職務の責任者であるResMed社のCSOに任命されました。

ResMed社に入社するまでの14年間、同氏は消費財、ハイテク、その他産業にわたる企業戦略、ビジネスユニット戦略、ポートフォリオ戦略、無機的な成長戦略を含む問題に関する戦略コンサルタントでした。ごく最近では、Deloitte Consultingの戦略を専門とするMonitor Deloitte氏と共同でサンフランシスコオフィスを指導してきました。Deloitte以前は、モニターグループの共同経営者として北アメリカで企業金融活動を共同主導し、モニター社の合併・買収に関するリーダーとして職務を遂行しました。モニターグループ以前は、ニューヨークのDonaldson, Lufkin & Jenretteで投資銀行員として、債権の発行や株式の構築・実行、未公開株の取引に関するアドバイザーを担当しました。

同氏は、ノースウェスタン大学のケロッグ経営大学院にて金融、戦略およびマーケティングのMBAを取得し、コーネル工科大学でコンピューターサイエンスの学士を取得しています。


Dr. Carlos M. Nunez 医学博士

最高医務責任者

Carlos M. Nunez医学博士は、2017年1月にResMed社の最高医務責任者に就任。ResMed社に入社する前は、Becton, Dickinson and Companyにて医療事務担当上級副社長を務め、その最大事業部である科学、医療および技術業務室を率いました。さらに以前では、CareFusionにて最高医務責任者を務め、会社全体の医療監督を提供するグローバルチームを形成し主導。

2000年~2011年にはPicis, Inc.にて最高医療重役を務めています。同社は業界をリードする医療IT企業で、今ではUnitedHealth GroupのOptum部門の一つとして知られています。同氏はPicis/Optumの医療分野でリーダーシップを発揮するとともに、世界市場での企業戦略、マーケティング、製品開発、販売、実施、顧客との関係について、医療面で指導してきました。

医用技術(MedTech)産業でキャリアを開始する以前は、開業麻酔専門医、集中治療専門医、病棟総合医として活動する傍ら、救命救急リサーチ、情報学および解析学の指導者、そしてCarolinas Medical Center Northeastのデューク大学教育学務を務めました。

同氏はマイアミ大学医学部にて医学博士の学位を取得し、麻酔学、救命救急医療、および臨床研究の卒後教育を受けています。


Andrew Price

グローバルオペレーション事業部、社長

Andrew Price氏は、2017年7月にResMed社のグローバルオペレーション事業部社長に就任。同社には1999年に入社し、最近までイノベーションおよびオペレーション事業部の社長を務めていました。以降、グローバル製造流通担当上級副社長、アジア太平洋地区のマーケティング担当副社長、睡眠時呼吸障害ビジネスの製品開発およびマーケティング担当副社長を含む、同社の様々な上級役職を歴任。設計技師として数多くの特許を世界中で取得しています。

ResMed社に入社する前は消費者向け家電メーカーのSunbeam、ゲームソリューションの世界的リーディング企業の一つであるAristocrat Leisure Industriesにて製品開発に従事。

同氏はシンガポールのINSEAD国際ビジネススクールで高度管理プログラム (AMP) を卒業し、シドニー工科大学にて工業デザインの学位を優れた成績でを取得し、リーンシックスシグマのグリーンベルトを所有しています。