換気に関する研究

レスメドでは、世界各国の医学界との密接なパートナーシップの下に、呼吸障害のある入院患者さんに対する機械的換気療法の役割について、現在進行している研究を積極的に支援しています。

呼吸ケアに関する最近の臨床研究にアクセスしましょう。

COPD患者におけるS/TモードとiVAPSモードの比較研究1

STモードからiVAPSに治療変更された老年期COPD患者の事例

在宅換気療法によるCOPDのリスク低減

在宅での非侵襲的換気療法により、アシドーシスによる呼吸不全のリスクを低減できます。

NPPV使用によるCOPD患者の生存率改善

長期非侵襲的陽圧換気療法を行っているCOPD患者の生存率改善についての研究です。

COPDの再発性アシドーシス憎悪

COPDの再発性アシドーシス憎悪についての研究です。 在宅療法の経済分析です。

COPDに対する病院または在宅での非侵襲的換気療法のメリット

非侵襲的換気 (NIV) 療法は、COPDや高炭酸ガス血症の患者さん向けに病院または在宅で行われます。

NIV開始時プロトコール

慢性呼吸障害・慢性呼吸不全の患者さん向けにNIV療法を開始する際のプロトコールです。

COPD憎悪の早期特定

自宅で呼吸頻度をモニターすることで、COPD患者の憎悪発生を早期に予防できます。

iVAPS療法と標準NIV療法の比較

標準NIV療法と自動滴定NIV療法を比較した研究です。