レスメドの神経筋疾患 (NMD) 治療用製品

レスメドの神経筋疾患 (NMD) 治療用NIV製品

レスメドはNMDの患者さんに在宅用に非侵襲的換気 (NIV) システムをお届けし、患者さんの生活の質を高めるために尽力しています。

当社のリーク回路と換気量保証目標値設定は、NMDの患者さんのPtcCO2低減のために開発されました。

レスメドが生み出した換気量保証モードのiVAPS (インテリジェント換気量保証圧力支持) 療法は、目標換気量を確実に達成するたけでなく、死腔換気を補正することで肺胞換気も促します。 これは患者さんの状態が夜間変化する場合に特に重要となります。例えば、レム睡眠の間や仰向けになった時は呼吸ドライブが低下することがあります。

一部のレスメド換気装置には、さらにNIV+トリガー技術が採用されています。非常に弱い呼吸も検知できるこの高感度技術により、呼吸が遅れないよう換気装置がトリガーされ次の息が送り込まれます。

iVAPSモードは、NMDによる呼吸障害の治療に使用される以下のレスメド製品に搭載されています。

留意事項

進行性のNMDでは、進行に伴い換気への依存が高まることが多く、 したがって、換気装置の設定も変えなければならない場合があります。

  • レスメドの様々な換気装置は、換気依存の患者さんにも、非依存の患者さんにも使用できます。 レスメドの換気装置には、幅広い患者さんに対応できるよう、非侵襲的治療にも侵襲的治療にもご使用いただけます。
  • レスメドの高度データ収集機能 (装置とカードによる、高解像度フロー・圧力データ、自発呼吸率、AHI、気流量、呼吸数、同期情報、SpO2モニター結果などのデータ保管機能) とResScan™ソフトウェアにより、医療スタッフが詳細なデータを入手でき、トラブルシューティングや治療の進行状態のモニターを行えます。
NMDの患者さんは閉塞性睡眠時無呼吸 (OSA) を併発していることがあります。

OSAが見られる場合は、EPAPを滴定して上気道の虚脱に対処しなければなりません。

  • EPAPの調整が必要かどうかは、Stellarの情報画面やResScan™に表示されるAHIデータにより判断できます。
  • 高解像度気流データはEPAPの滴定を補佐し、PEEPiを特定します。
患者さんと装置の間では、呼吸のトリガーとサイクルを確実に同期することが重要です。

VSyncリーク管理アルゴリズムは、TiControl機能と同時に機能します。 Vsyncは、患者さんが所定の治療圧を受けられるよう、意図せぬマスクのリークをモニター・補正し、TiControl機能は吸気時間の最小値と最大値を維持します。 トリガーとサイクルの調整も同期を助けます。

口での換気用に車いすの支持器具にマウスピースを取り付けるなど、換気用に付属品を使うと便利な場合があります。

マウスピースは一部のレスメド換気装置でご使用いただけます。

NIV技術を使用した分泌物喀出。

Stellar換気装置では、医療スタッフが2種類のプログラムを設定でき、一方のプログラムで分泌物の喀出を助けるように設定できます。

補助バッテリーで患者さんに広い行動範囲を。

Stellar・Astral換気装置にはバッテリーが内蔵されています。 すべてのレスメド装置は、外付けバッテリーのレスメドPower Station IIに対応しています。Power Station IIは、1個接続時は8時間* 、2個接続時は16時間*の電力を供給します。

換気中は、すべての段階にわたって患者さんと治療の進行状態をモニターすることが極めて大切です。

レスメドの高度データ収集機能 (装置とカードによる、高解像度フロー・圧力データ、使用時間数、気流量、自発呼吸率、呼吸数、AHI、SpO2、同期情報などのデータ保管機能) とResScan™ソフトウェアにより、医療スタッフが詳細なデータを入手でき、トラブルシューティングや治療の進行状態のモニターを行えます。 Stellarシリーズなど、一部のレスメド換気装置では、装置のサマリーデータとともに、フロー・圧力曲線などのデータをリアルタイムで表示できるものもあります。

治療をリアルタイムでモニターでき、患者さんの滴定、最適なフォローアップ、設定調節が可能となります。  

*8 hours per battery at EPAP 5 cm H2O, IPAP 15 cm H2O and 20 bpm (two batteries can be connected simultaneously)

NMDにつぃてさらに読む

NMDによる呼吸不全の患者さんの治療は、不完全な呼吸症状の緩和につながります。

NMDの患者さんに対するNIV療法の効果をお読みください。