COPD患者のNIVによる治療結果

COPD患者は、呼吸努力が多く呼気に困難を伴います。 この論文では、COPD患者の治療結果に影響を与える問題と圧力支持の役割を検討しています。

圧力支持はCOPD患者の呼吸を補助してより短時間で肺に送られる空気量を増加させ、呼吸努力を軽減します。 さらに、COPD患者のPCO2レベルを低下または正常化させるには、高圧が必要となる場合もあります。1

レスメドのバイレベル換気装置では、幅広い圧力支持 (PS) 設定が可能で、Astral装置の場合は50 cm H2Oの最大圧まで0.2 cm H2Oずつの増分が設定できます。

また、圧力支持は患者の呼吸努力を軽減するため、呼吸回数が減り呼気時間を増大できます。 さらに、優れた同期と運動反応時間の早さが呼気量の迅速な達成につながります。

吸気時間が短縮される分呼気時間が増大するため、内因性PEEPがさらに低減し、呼吸努力が軽減されます。

レスメドのTiControl™機能では医療スタッフが吸気時間の最大値を設定でき、効果的なサイクリングで呼気時間を増大できます。

また、レスメドの低慣性運動技術により、迅速なライズタイムと患者の呼吸努力への反応が可能となります。

レスメドのStellar™換気装置では、呼気圧 (EPAP) が2 cm H2Oから25 cm H2Oまたは吸気圧の設定レベルまで設定できます。

COPD患者と装置間で、呼吸トリガーとサイクルの安定した同期を保つことは非常に重要です。

レスメドの全機種では、VSyncリーク管理アルゴリズムがTiControl 機能とともに作動します。 ベースラインフローの持続的・自動的調整を行うVSync機能により、リークがモニター・補正されます。一方、TiControl機能により、最小・最大吸気時間を確実に守れます。

トリガーとサイクルの調整も同期を助けます。

一般的にCOPD患者では、非侵襲的換気 (NIV) とともに補助酸素を必要とします。

Stellar™換気装置では、装置背面に酸素を接続でき、正確な供給が行えます。最大30L/minが追加可能です。

SpO2がモニター可能で、酸素の滴定に役立ちます。」

FiO2は、必要に応じてStellarのLCD画面で直接測定・モニターできます。

COPD患者の治療において鍵となるのは、特に夜間治療の受入れとコンプライアンスです。

レスメドの呼吸ケア製品はトリガー・サイクル感度とともに、ライズタイムの設定を微調整でき、最大限快適な治療と楽な呼吸を実現します。

幅広い患者モニター製品も患者の治療アドヒアランスを高めます。

COPD患者はオーバーラップ症候群がある場合があります。それが、COPD-閉塞性睡眠時無呼吸 (OSA) オーバーラップ症候群です。

オーバーラップ症候群と診断された場合は、OSAによる上気道の虚脱を克服するためEPAPも滴定します。

Stellar装置の情報スクリーンやResScan™で表示されるAHIデータにより、EPAPの調整の必要の有無が確認できます。

高解像度気流データはEPAPの滴定を補佐し、PEEPiを特定します。

COPD患者の呼吸努力支持には装置と一体化する加湿器を使用できます。

レスメドのH4i™・H5i™加温加湿器は、レスメドの治療装置に対応しています。 

COPDでは、患者と治療の進行状況のモニターが全ステージにおいて非常に重要です。

リアルタイムでの治療モニターにより、COPD患者の滴定、フォローアップ、治療設定の調節が最適に行えます。2

そのためレスメドは、高解像度フロー・圧力データ、使用時間、気流量、自発呼吸率、呼吸回数、AHI、SpO2などを保存できる、最先端のデータ管理製品を開発しました。 ResScanソフトウェアとAirViewの組み合わせにより、医療スタッフは詳細なデータを入手でき、トラブルシューティングや治療の進行状態のモニターを行えます。

レスメドのStellar 100および150換気装置では総合的なリアルタイムのモニターが行えます。

レスメドの換気装置、 レスメドの加湿器レスメドのソフトウェアについて、さらにご覧ください。  

参考資料

  • 01

    Schonhofer B. Noninvasive positive pressure ventilation in patients with stable hypercapnic COPD: Light at the end of the tunnel? 胸部。 2010 65 765 -67

  • 02

    Janssens JP et al. on behalf of the Somno NIV Group. Nocturnal monitoring of home noninvasive ventilation: The contribution of simple tools such as pulse oximetry, capnography, built-in ventilator software and autonomic markers of sleep fragmentation. 胸部。 2011 66 438 -445

COPD治療オプションについてさらに見る

安定期のCOPDの治療は、症状を直ちに和らげ、抑えるとともに、将来憎悪する可能性を低減するのが目的です。

レスメドでは、先進技術と幅広い在宅ケア用換気装置の提供を通じて、COPD の患者さんの生活の質を高めることに尽力しています。 複数のNIVシステムが在宅のCOPD の患者さんにご使用いただけます。