慢性閉塞性肺疾患 (COPD)

COPDは、2030年までに世界中の死因の第3位を占めると予測されています1

 

COPDは、40歳以上の成人の羅病率が9~10%と推定される、深刻な進行性の慢性肺疾患です。2世界保健機関の最新データによると、1世界中で6500万もの人々が中度から重度のCOPDに苦しんでいるということです。

そして、COPDによる死亡率は、今後10年間で30%以上増加し、2030年までには世界中の死因の第3位を占めると予測されています。1

COPD治療オプション

COPD治療オプション

安定期のCOPDの治療は、症状を直ちに和らげ、抑えるとともに、将来憎悪する可能性を低減するのが目的です。

COPDの患者さん向けレスメド製品

レスメドでは、幅広い在宅ケア用換気装置の提供を通じて、COPDの患者さんの生活の質を高めることに尽力しています。

COPDの患者さん向けレスメド製品

COPDの患者さん向けレスメド製品

レスメドでは、幅広い在宅ケア用換気装置の提供を通じて、COPDの患者さんの生活の質を高めることに尽力しています。

COPD患者の治療結果

COPD患者の治療結果

この論文では、COPD患者の治療転帰に影響を与える問題と非侵襲的換気の役割を検討しています。

参考資料

  • 01

    世界保健機関 (WHO)。 World Health Statistics 2008. Global Health Observatory (GHO)。 http://www.who.int/gho/publications/world_health_statistics/ja/

  • 02

    Halbert RJ, Natoli JL, Gano A, Badamgarav E, Buist AS, Mannino DM. Global burden of COPD: systematic review and meta‐analysis. Eur Respir J. 2006: 28; 523‐532.