治療データカード よくある質問

装置のデータカードやお使いの装置に使えるSDカードに関して、ご不明な点がありませんか? 装置のデータについては、こちらからよくある質問をご覧ください。

Q. S9™治療装置にはどのSDカードが使えますか?

A. レスメドで推奨するSDカードは、S9治療装置に同梱のものです。このカードは、必要に応じてご購入いただけます。

Q. レスメドでは、なぜ装置に同梱のSDカードを推奨するのですか?

A. IEC 60601-1などの安全基準に適合するためには、レスメドで同梱するSDカードをご使用いただく必要があります。 電気の安全試験を実施する当局では、SDカードを使用するS9治療装置では、カードのアクセス部位からカード内部の電子部品まで、適切な間隔がなければならないと定めています。 レスメドでは、この安全要件を満たすSDカードを数種類選択し、治療装置に同梱したり、付属品として提供しています。 市販されているすべてのSDカードがこの間隔に対する要件を満たすわけではありません。また、中にはS9装置での動作が確認されていないものもありますので、ご注意ください。

Q. S9治療装置は、SDカードの容量をどのくらい使用しますか?

A. 1GBのSDカードなら、365日間の使用状況データ、30日間の詳細データ、または7日間の高解像度データを問題なく保管できます。

Q. S9装置でミニSDカードやマイクロSDカードを使用できますか?

A. いいえ。アダプターが必要となるこうしたSDカードは、S9装置で作動するものの、S9装置に関しIEC 60601-1医療電気機器安全基準を満たすことが証明されていません。 そのため、レスメドではこれらのカードの使用を推奨いたしません。

Q. S9治療装置でSDHC、ミニSDHC、マイクロSDHC、SDXCカードを使用できますか?

A. いいえ。 いいえ。SDHC、ミニSDHC、マイクロSDHC、SDXCの各カードは、S9治療装置では作動しません。

Q. S9治療装置では、SDのどのスピードクラスが作動しますか?

A. 大抵のSDカードには、SDのスピードクラスが記載されています。 Class 2は1秒当たり2MB、Class 4は4MB、Class 6は6MBの転送速度がそれぞれ保証されています。 ただし、レスメドの提供するSDカードのみをご使用ください。

装置についてさらに読む

装置や安全性について知っておくべきことは何でしょうか。 PAP装置の安全性については、こちらからよくある質問をご覧ください。

CPAP、APAP、バイレベルのいずれの療法にも関わらず、装置に慣れることは、睡眠時無呼吸の治療において大変重要です。 こちらから治療に慣れるためのよくある質問をご覧ください。

レスメドのAutoSet™を使用した治療のメリットは? AutoSet™モードとは? AutoSetについては、以下のよくある質問をご覧ください。