レスメド会長と辿る睡眠障害研究の歴史

レスメド創立者で会長のピーター・ファレル博士が今日の睡眠医療の分野を形作った主要な研究結果を紹介します。

ピーター・ファレル博士 (文学博士・理学博士) は、シドニー大学、マサチューセッツ工科大学、ワシントン大学 (シアトル)、ニューサウスウェールズ大学を卒業しています。 ファレル博士についてさらに見る

歴史的に重要な研究

  • 睡眠時無呼吸症候群が内科疾患であるとの認識に基くスタンフォード大学睡眠障害クリニック設立

    Guilleminault C, Tilkian A, and Dement W. The sleep apnea syndromes. Annual Reviews 1976 465-484

診断

質問票によるスクリーニング

在宅診断

全死因死亡率

心血管疾患

全般

 死亡率

 高血圧症

 薬剤耐性高血圧症

 動脈

 不整脈

 脳梗塞

女性のOSA

メタボリック症候群

糖尿病

周術期管理

がん

慢性閉塞性肺疾患 (COPD)

夜間頻尿

その他

  • スクリーニング用標準質問票で特定できない慢性創傷のある患者のOSA高有病率

研究をさらに見る

固定圧療法装置と自動調節療法装置の違いについて、さらにお読みください。