肥満と睡眠時無呼吸

肥満と睡眠時無呼吸の関連 研究の結果、睡眠時無呼吸については以下のように考えられています。

  • 病的肥満患者での有病率が高く、不整脈のリスクが高まるとされています1
  • 肥満手術が必要な患者の最大77%に見られます2
  • 肥満手術患者の術後合併症率を高め3 この患者集団における入院費増大をもたらしています4
  • 肥満手術における周術期ケアの一環として考慮する必要があります5
  • 肥満患者は体重減少などで身体的に大きく変化するため、必要な空圧治療が術後変動を来します。 そのため、術後は自動気道陽圧 (APAP) 装置を治療オプションとして考慮する必要があります6
  • 体重減少により改善します。 肥満患者の睡眠無呼吸は手術により完治しない場合もあり、長期的なフォローアップとモニタリングが必要となります。7
  • 肥満患者では術後の体重増加により再発することがあります。8
  • 体重増加により進行が加速し、重症化することがあります。9

参考資料

研究をさらに見る