研究と関連疾患についての知識

成人のおよそ5人に1人1は睡眠呼吸障害 (SDB) を抱えています。

SDBは数々の研究により公衆衛生上の非常に大きな問題となっていることが証明されています。

レスメドは各国医学界との緊密な協力関係の下で以下に取り組んでいます。

  • 無治療のSDBの危険を広く知らせています
  • SDBと他の疾患との関連について進行中の研究を支援しています
  • SDBの患者さんの健康と生活の改善につながる効果的な医学手段を追求しています

肥満と睡眠時無呼吸

睡眠呼吸障害や呼吸ケアと肥満の関係に関する研究についてお読みください。

COPDの患者さんへの非侵襲的換気療法

バイレベル・非侵襲的換気療法に関する様々な研究論文をお読みください。

レスメド会長と辿る睡眠障害研究の歴史

レスメド創立者で会長のピーター・ファレル博士が今日の睡眠医療の分野を形作った主要な研究結果を紹介します。

AutoSet技術

固定圧療法装置と自動調節療法装置の違いについて、さらにお読みください。

糖尿病と睡眠時無呼吸

睡眠と呼吸ケアに関連する糖尿病についての研究をご覧ください。

睡眠時無呼吸と心血管疾患

心血管疾患と睡眠時無呼吸・睡眠呼吸障害との関連に関する研究をさらにお読みください。

レスメド オンラインアカデミー

レスメド オンラインアカデミーでは、様々な教育用資料に無料で簡単にアクセスできます。