SDBと高血圧症

睡眠呼吸障害 (SDB) の患者さんでは、他のリスク要因とは関わりなく高血圧症を併発するリスクが増加します。1, 2, 3, 4  このリスクはSDBの重症度に関係し、SDBが重症であるほど高血圧症の発症リスクも増大します。2

健康な睡眠状態では血圧は低下しますが、SDBの患者さんでは以下が見られる傾向にあります。

  • 睡眠中の血圧が上昇します。2
  • 心臓血管系への負担が長引き日中も血圧が上昇します。1

SDBは高血圧症の患者さんの30%以上6、 薬剤耐性高血圧症の患者さんの約80%に見られます。7特にこうした患者さんには、気道陽圧療法が重要となる場合があります。8, 5

参考資料

併存症についてさらに見る

脳梗塞を経験した患者さんは、睡眠呼吸障害 (SDB) も発症しながら看過されている可能性があります。 患者さんの呼吸障害の改善が、全身の健康増進にどう寄与するかお読みください。

2型糖尿病と睡眠時無呼吸の関連性については、広く研究されています。 国際糖尿病連合 (IDF) が睡眠呼吸障害 (SDB) ...

心不全の患者さんの非常に多数が、睡眠呼吸障害 (SDB) にも悩んでいます。 患者さんの呼吸障害の改善が、全身の健康増進にどう寄与するかお読みください。