胸壁障害とは?

胸壁障害とは、呼吸筋肉と胸郭の結合を損ねる様々な胸部変形症の総称です。 通常こうした障害は拘束性障害を特徴とし、慢性の高炭酸ガス性呼吸不全を引き起こすことがあります。

呼吸不全につながる胸壁変形のうち、最も一般的なものは胸郭形成によるものですが、 脊柱側彎症や脊椎後側彎症も重度の呼吸不全の原因となることがあります。

呼吸不全の症状には以下が含まれます:労作時の呼吸困難、末梢浮腫、起座呼吸、繰り返し起こる肺感染症、朝方の頭痛、疲労、睡眠の質の低下、食欲喪失

胸壁障害についてさらに読む