治療についての基礎知識

治療と装置についての基礎知識を付けましょう。

一般的な治療システムは、マスク、チューブ、治療装置のセットになっています。

まず治療システムをご覧になり、すべての部品を確認しましょう。

治療のしくみ

治療装置は、患者さん固有のニーズに合った設定で、一定量の加圧された気流を発生させます。 この一定の気流により気道を開き、夜間呼吸が止まって「無呼吸」に陥らないようにします。 

空気はチューブを通り、鼻や口につけているマスクに送られ、そこから体内に吸い込まれます。

治療を成功させるために

装置の使い始めにするべき事としてはいけない事がわかっていると、治療の効果に大きな違いが生まれます。 装置の正しいセットアップ方法を学びましょう。 装置のセットアップ

マスク

大部分のマスクは、以下の3種類のうちのいずれかです。

  • 鼻ピロー (鼻腔入口に取り付け)
  • 鼻マスク (鼻をカバー)
  • フルフェイスマスク (口と鼻をカバー)

どれをお使いですか?

自分に合ったマスクの選び方

マスクのベント

ベント付きのマスクには、患者さんの吐き出す二酸化炭素がマスク内部に溜まってまた吸い込まれることがないよう、多少の空気を外に逃がすベント (排気口) が設計されています。

ベント周辺に手をかざすと、空気の流れが感じられます。 ベントは、絶対に塞がないでください。

加湿器

加湿器を使用すると、以下のような気道陽圧療法で起こる不快な症状を抑えることができます。

  • 口や鼻の乾燥
  • 鼻詰まり
  • 鼻に代わる口での呼吸

加湿器はマスクに送られる空気を加湿・加温するので、吸入がより快適になります。 加湿器をお持ちでない場合は、医療従事者とご相談の上是非お買い求めください。

レスメドのH5i™加温加湿器についてお読みください。

チューブ

チューブは様々な直径や長さのものがあり、お使いのシステムにより加温される場合も、そのままの場合もあります。

チューブは、睡眠中も楽に動けるものでなければなりません。 細身で軽量のレスメドのSlimLine™チューブなら、自由に体を動かせます。

レスメドのClimateLine™のような加温チューブは、装置からマスクまで流れる空気を保温するため、加湿器がより快適にご使用いただけます。

装置のフィルター

通常装置の背面にあるフィルターは、定期的に交換する必要があります。

フィルターの交換方法と頻度については、ユーザーガイドの指示をご覧ください。

SD カード

SDカードには治療での装置使用状況の情報が保存されており、医師が治療の進行状況を判断することができます。

S9をご使用の場合、SDカードはフィルターのすぐ上にあります。

他の装置の場合は、SDカードの抜き差しについて、ユーザーガイドかSDカード保護ホルダーの指示をご覧ください。

初めての治療についてさらに読む

人間の顔と同様、マスクには様々な形やサイズがあります。 レスメドで自分の顔とライフスタイルに合ったマスクを見つけましょう。

治療装置を正しくセットアップすることで、治療の効果に大きな違いが生まれます。 レスメドとともに治療を始めましょう。

初めは慣れるのに大変かもしれませんが、諦めずに治療を続けることが大切です。 治療の効果が実感できれば、前向きに治療を続けていけるでしょう。

加湿器を使用すると、治療がさらに快適になります。 加湿器が果たす役割をお読みください。