治療を始める際に

治療装置に慣れるまでにかかる時間は?

患者さんによっては、すぐに治療に慣れてしまう方もいらっしゃいます。 しかし、慣れるのに時間がかかるとしても、それはよくあることですので、 心配はご無用です。

治療装置を使い、生活の一部にしていくのは、よい習慣を身に付け、前向きな気持ちで続けることに他なりません。 それはまた、治療の際の快適さにも関わっています。 以下では、治療の効果を最大限引き出すやり方をご紹介します。

気流に逆らっての呼吸

初めは、のどに感じる気流が非常に気になるかもしれません。 しかし、そうした気流にはやがて慣れます。リラックスして、普段起きている時にするように呼吸しましょう。

日中、リラックスしてテレビを見ている時などに、装置を使って呼吸するのを練習してみましょう。 睡眠中、気流に逆らってきちんと息を吐けるかどうかは心配する必要がありません。息を吐くのは無意識に行えます。

それでもご心配な点がある場合は、担当医師やレスメド認定販売代理店までご相談ください。

以下は、治療で最大限の効果を得るためのヒントです。 

  • ランプ機能付き製品の場合:この機能を使用すると、低めの圧力で治療を開始し、最大45分かけて指定の治療圧まで漸増させるよう設定できるため、治療を楽に開始できます。
  • SmartStart™設定付き製品の場合:この設定を使用すると、開始ボタンを押す代わりに、息を吸い込むことで治療を開始できます。 それにより治療をスムーズに開始でき、マスクを着けたままでの呼吸にいち早く慣れることができます。 
  • EPR™設定付き製品の場合:この設定を使用すると、息を吐く時に圧力がやや弱まり、呼吸がよりスムーズで自然に行えます。
  • AutoSet™装置の場合:この装置では夜間を通じて圧力が自動調節され、必要な時だけ圧力が増加します。

治療システムの騒音レベルは?

治療中は眠れなければなりません。従って、装置はささやき声より大きい音を立ててはならないはずです。

装置の音が大きい場合は、部品の一部が正しく接続されていないために、空気漏れ (リーク) が発生している可能性があります。

通常は、騒音やリークの個所を突き止めることができます。装置、加湿器、チューブ、マスクをご確認ください。

すべてが正しく接続されているのを確認後、音の大きさに変化があるか注意してみてください。

マスクの装着方法については、ユーザーガイドをご覧ください。 

こちらからマスクの装着方法をもう一度ご覧ください。

治療の効果が表れない場合

マスクがしっかり密閉されており、常に治療装置を使用していれば、治療の効果が実感できるはずです。

それでも、以下のように効果が表れない場合は、 レスメド認定販売代理店や担当医師にご相談ください。

  • 症状が改善しない
  • 治療開始前より症状がひどくなった
  • 未だに気流に逆らって呼吸がしづらい
  • 治療の効果が全く実感できない    

初めての治療についてさらに読む

初めは慣れるのに大変かもしれませんが、諦めずに治療を続けることが大切です。 治療の効果が実感できれば、前向きに治療を続けていけるでしょう。

初めは、治療を始めるのが非常にご心配かもしれません。 マイナスの思考や行動に陥らないよう、レスメドの役立つヒントをご覧になり、前向きに治療に励みましょう。

ちょっとやり方を変えるだけで治療に大きな効果が出ることがあります。 治療に慣れるためのヒントをこちらからお読みください。