VPAP Adapt SV-A サポート

  • レスメドとともに健康改善への一歩を踏み出しましょう。 お使いのレスメド製品を最大限ご活用いただけるよう、お手伝いとサポートをさせていただきます。

VPAP Adapt SV-A ダウンロード

資料

参考資料

心不全の兆候または症状がみられる患者に本装置を使用し睡眠時無呼吸治療を目的としたASV治療を行う際には注意すること。

  • 一般社団法人 日本循環器学会、一般社団法人 日本心不全学会による「心不全症例におけるASV 適正使用に関するステートメント」において、以下の報告がある。
  • 中枢性優位の睡眠時無呼吸を伴う安定状態にある左心室収縮機能低下(LVEF≦45%)に基づく心不全患者に対するASV治療は、以下の安全性リスクをもたらす臨床試験結果が報告された。
  • 同等のASV治療患者群とASV治療を実施しないコントロール患者群と比較し、全死亡リスクが相対的に28%増加、特に心血管疾患による死亡リスクが33.5%増加した。
  • 両群において臨床的なベネフィットに有意な差はない。