AutoSetと睡眠時無呼吸の治療

 

睡眠時無呼吸の治療にレスメドのAutoSet™モードを使用するメリットとは? AutoSet™モードとは? AutoSetについては、以下のよくある質問をご覧ください。

Q. レスメドのS9 AutoSet™装置を使用するメリットとは?

A. AutoSetは、患者さん固有の夜間の呼吸のニーズに合うよう、一息ごとに圧力を調節します。 その結果、治療に最小限必要な圧力で、より快適な治療が受けられます。 

Q. 装置はAutoSetモードでどのように圧力を調整するのですか?

A. 患者さんが眠りに落ちて圧力のニーズが変化し始めると、AutoSet装置は、睡眠時無呼吸が引き起こす気道閉塞の度合いにより、吸気量制限、いびき、無呼吸という、3種類のパラメータに反応します。 そして、気道閉塞が始まると、無呼吸になるのを防ぐため、自動的に圧力を増加させます。

Q. AutoSetは、呼吸低下にはどう対応しますか?

A. AutoSet装置は、気道閉塞により生じる呼吸低下にのみ対応します。 気道閉塞に関連しない呼吸低下は、圧力を上げても治療できないため、そういう場合はAutoSet装置の圧力は増加しません。 呼吸低下治療用の装置については、担当医師か レスメド認定販売代理店にご相談ください。

Q. AutoSetは、どのくらい素早く変化を判断して反応しますか?

A. AutoSetは5回の呼吸の平均値をもとに判断して圧力を調整します。

Q. APAPモードは低圧から中圧を要する患者さんにしか効果がないと聞きましたが、本当ですか。 本当ですか。

A. 実際は、その逆です。 AutoSet技術は、高圧を必要とする患者さんにより高い効果があります。 

Q. APAPモードの付いた装置の購入を考えていますが、 レスメドのS9 AutoSetは、他社の製品とどう違うのでしょうか?

A. レスメドのAutoSetアルゴリズムは、10年以上にわたり、様々な第三者試験や著名な学術雑誌でその臨床効果が証明されてきました。1,2,3そしてその間も、改良が重ねられ、常に性能が向上しています。 

参考資料

  • 01

    Teschler H, Wessendorf TE, Farhat AA, Konietzko N, Berthon-Jones M. Two months auto-adjusting versus conventional nCPAP for obstructive sleep apnoea syndrome. Eur Respir J. 2000 Jun;15(6):990-

  • 02

    Hukins C. Comparative study of autotitrating and fixed-pressure CPAP in the home: a randomized, single-blind crossover trial. Sleep. 2004 Dec 15;27(8):1512-7. 上記はResMed Australiaによる企業参加研究です。 ヒューキンズ博士はResMed Australiaより研究装置の提供を受けました。

  • 03

    Massie CA, McArdle N, Hart RW, Schmidt-Nowara WW, Lankford A, Hudgel DW, Gordon N, Douglas NJ. Comparison between automatic and fixed positive airway pressure therapy in the home. Am J Respir Crit Care Med. 2003 Jan 1;167(1):20-3. ResMed Corporationの研究助成金による。

装置についてさらに読む

装置のデータカードやお使いの装置に使えるSDカードに関して、ご不明な点がありませんか? 装置のデータについては、こちらからよくある質問をご覧ください。

装置や安全性について知っておくべきことは何でしょうか。 PAP装置の安全性については、こちらからよくある質問をご覧ください。

CPAP、APAP、バイレベルのいずれの療法にも関わらず、装置に慣れることは、睡眠時無呼吸の治療において大変重要です。 こちらから治療に慣れるためのよくある質問をご覧ください。