PAP装置の安全性 よくある質問

PAP装置の安全性について知っておくべきことは何でしょうか。 装置の安全性については、こちらからよくある質問をご覧ください。

Q. レスメドの装置や器具の製造過程では、ビスフェノールA (BPA) を使用していますか。 BPAは安全ですか。

A. レスメドの製品は、BPAを原料とするポリカーボネートを素材に含むものが少なくありません。 そうした製品におけるポリカーボネートの使用は、オーストラリアやニュージーランドをはじめ、各製品販売国で承認されています。

レスメドでは、BPA の安全性に関し、世界中の科学研究や規制当局評価の動向に細心の注意を払っています。 BPAは、ポリカーボネートと呼ばれる透明の硬質プラスチックの製造に使用される工業用化学品です。 ポリカーボネートは、繰り返し使う水のボトルや哺乳瓶をはじめ、多様な消費者製品に使用されています。

世界各国の規制当局や科学者は、BPA は成人、ティーンエイジャー、お子さんへの健康上のリスクはないと繰り返し述べています。 2010年には、欧州食品安全機関とWHOの専門家パネルにより、現在入手できる化学データの分析が行われました。 その結果、両機関はBPAを原料とする素材は安全に使用でき、BPAに対する公衆衛生措置は時期早々であるという結論に達しました。

医療機器の製造会社であるレスメドの製品は、厳しい規制に準拠しています。 当社の全製品は、目的に沿って使用される際の安全性と効果に関して、世界各国の規制当局の基準を満たさなければなりません。 それに関連した要件には、患者さんがさらされる製品材料のすべてにつき、適正な生体適合性レベルにあることを証明しなければならない、という項目があります。 レスメドの全装置は、医療装置の国際的生物学的評価規格であるISO 10993-1に準拠するよう徹底的に検査されています。 その一環として、レスメドではご質問のポリカーボネートの生体適合性を検査し、その安全性を確認しています。

したがってレスメドでは、目的に沿って使用される際のポリカーボネート製品の安全性に信頼を置いています。

装置についてさらに読む

CPAP、APAP、バイレベルのいずれの療法にも関わらず、装置に慣れることは、睡眠時無呼吸の治療において大変重要です。 こちらから治療に慣れるためのよくある質問をご覧ください。

レスメドのAutoSet™を使用した治療のメリットは? AutoSet™モードとは? AutoSetについては、以下のよくある質問をご覧ください。

装置のデータカードやお使いの装置に使えるSDカードに関して、ご不明な点がありませんか? 装置のデータについては、こちらからよくある質問をご覧ください。