VPAPTM Adapt SV-A

  • チェーン・ストークス呼吸のある鬱血性心不全の患者さん向け療法

     チェーン・ストークス呼吸 (CSR) と閉塞性睡眠時無呼吸 (OSA)*を併発している鬱血性心不全 (CHF) の患者さん向けに開発された装置です。

    換気を正常化し、睡眠中の覚醒を防止して、交感神経の活性化を抑えます。 心臓の機能を改善し (LVEF、6MWDおよびVO2 max)、1 生活の質を高めます2

主な機能

  • ASV-CSアルゴリズムが チェーン・ストークス呼吸 (CSR) と閉塞性睡眠時無呼吸 (OSA)を併発している鬱血性心不全 (CHF) の患者さん専用の治療を実現します。
  • マスクフィット評価機能が治療効果を高めます
  • 各種アラーム (低圧、高圧、平均マスク圧、高リーク、回路完全性、停電) により、ご自宅でも安心してご使用いただけます。
  • 専用ソフトウェアによる柔軟な データ表示・取得
  • ResControl™・ResScan™・ResLink™ソフトウェア (別売) 接続で患者管理を向上
  • 別売の加湿器と一体化でき、便利で快適な在宅治療が行えます。

ご購入方法

正式な診断を受けたら、担当の医師と相談しながらマスクと装置を選びましょう。

製品をさらに見る

S9 AutoSet™は、レスメドS9 シリーズAPAP装置の最高機種です。

S9 Elite™は、レスメドS9シリーズCPAP装置の最高機種です。

ダブル回路オプション付きのAstral 150は、成人・小児の患者さんに対する優れた侵襲・非侵襲的生命維持換気装置です。

参考資料

  • 01

    Töpfer V et al. Eur Respir J (Abstracts, 12th ERS Annual Congress) 2002 Sept; 20: 215s.

  • 02

    Kaneko Y, et al. N Engl J Med 2003; 348(13): 1233-41.

心不全の兆候または症状がみられる患者に本装置を使用し睡眠時無呼吸治療を目的としたASV治療を行う際には注意すること。

  • 一般社団法人 日本循環器学会、一般社団法人 日本心不全学会による「心不全症例におけるASV 適正使用に関するステートメント」において、以下の報告がある。
  • 中枢性優位の睡眠時無呼吸を伴う安定状態にある左心室収縮機能低下(LVEF≦45%)に基づく心不全患者に対するASV治療は、以下の安全性リスクをもたらす臨床試験結果が報告された。
  • 同等のASV治療患者群とASV治療を実施しないコントロール患者群と比較し、全死亡リスクが相対的に28%増加、特に心血管疾患による死亡リスクが33.5%増加した。
  • 両群において臨床的なベネフィットに有意な差はない。

* AutoSet CS 2 is not for use in respiratory failure patients.