AutoSetTM CS-A

  • 患者さんに合わせた適応補助換気 (ASV) 療法がこれまでになく簡単になりました

    最も高感度のASV技術を採用したレスメドのPaceWave付きAutoSet CS-Aは、中枢性睡眠無呼吸 (CSA)、混合型睡眠無呼吸、そして閉塞性睡眠無呼吸の有無に関わらない周期性呼吸の症状を抱えた成人の患者さんの換気を安定化します。 臨床研究に基づくレスメドのパイオニア技術、PaceWaveは、患者さん自身の最近の分時換気量 (MV) をターゲットとする唯一のASV療法です。PaceWaveは一瞬の分解能で呼吸全体をモニターすることにより、患者さん固有の呼吸パターンを学習・予測し、変化に素早く対応しながら夜間のターゲット値を維持します。

    PaceWaveはいち早く呼吸と血液ガスを安定化し、睡眠の質を高めます。 さらに、AutoSet CS-Aには、EPAPを自動調節するASVAutoモードが新たに搭載され、自動的に上気道を開いた状態に保ちます。

    また、4種類のアラーム付きで、慎重なケアを必要とする患者さんも安心してモニターできます。

    S9プラットフォームの快適さを追求した機能に、広範囲の1分間呼吸回数と患者さん固有の呼吸パターンに同期できるPaceWaveを組み合わせ、新たなレベルの快適さを実現して患者さんのコンプライアンスを高めます。

    モード:CPAP、ASV、ASVAuto

    アラーム:高リーク、ベントなしマスク、低分時換気量、低SpO2

主な機能

  • H5i加温加湿器とClimateLineMAXチューブによるClimate Control機能により、リアルタイムの環境に即した理想的な加湿を実現します。
  • Easy-Breatheモーターにより、今までにないレベルの静けさで治療が行えます。
  • 使い勝手の良いコントロールとカラーLCD画面で、ナビゲーションもシンプルかつ直感的です。
  • 細身で軽量のSlimLineチューブとClimateLineチューブなら、チューブの「つれ」も起こりません。

ご購入方法

正式な診断を受けたら、担当の医師と相談しながらマスクと装置を選びましょう。

製品をさらに見る

小型・軽量で静かなStellar 150は、iVAPS (intelligent Volume-Assured Pressure Support) 技術などレスメド独自の最新機能をシンプルな装置で実現しました。

ダブル回路オプション付きのAstral 150は、成人・小児の患者さんに対する優れた侵襲・非侵襲的生命維持換気装置です。

参考資料

  • 01

    Hastings, P.C., et al., Adaptive servo-ventilation in heart failure patients with sleep apnoea: a real world study. Int J Cardiol, 2010. 139(1): p. 17-24.

心不全の兆候または症状がみられる患者に本装置を使用し睡眠時無呼吸治療を目的としたASV治療を行う際には注意すること。

  • 一般社団法人 日本循環器学会、一般社団法人 日本心不全学会による「心不全症例におけるASV 適正使用に関するステートメント」において、以下の報告がある。
  • 中枢性優位の睡眠時無呼吸を伴う安定状態にある左心室収縮機能低下(LVEF≦45%)に基づく心不全患者に対するASV治療は、以下の安全性リスクをもたらす臨床試験結果が報告された。
  • 同等のASV治療患者群とASV治療を実施しないコントロール患者群と比較し、全死亡リスクが相対的に28%増加、特に心血管疾患による死亡リスクが33.5%増加した。
  • 両群において臨床的なベネフィットに有意な差はない。