AstralTM 150 (CleanAir Astral)

  • 最初のセットアップから毎日のご使用まで、デザイン賞1に輝くAstral TM 150生命維持換気装置は、患者さんの自由と確実なケアをお届けし、効率を考えたデザインにより、毎日をより良いものにします。 侵襲的・非侵襲的生命維持換気を行う様々なインターフェイスに対応し、成人・小児の患者さんに幅広い治療オプションを提供します。

    音が静かで軽量のデザイン、しかも24時間駆動2の内蔵・外部バッテリーの組み合わせにより、病院や自宅を離れても安心してご使用になれます。 インターフェイスが直感的でセットアップも簡単なAstralは、換気支持をシンプルで効果的に行えるよう開発されました。

主な機能

  • 外出中も便利。 Astralの移動用バッグは、スクリーン全体が良く見えアクセスしやすい透明パネルと、肩に掛けたり車いすに取り付けたりできるストラップが付いています。
  • 静かに性能を発揮。 35 dBAと非常に静かで、周囲にも気を使う必要がありません。
  • 優れた使い勝手。 直感的なインターフェイスとユーザーフレンドリーなメニュー方式のAstralは、操作が簡単で、換気支持をシンプルかつ効率よく行います。
  • 小児用にも最適。 成人とは違う、お子さんの換気治療に全面的に合うシステムを開発しました。 お子さん専用に設計されたPixi™小児用マスクと一緒にご使用ください。

Astralご使用の患者さん体験談

Astral でティーンエージャーに自由を

 
患者: セリーヌさん      症状: 気管軟化症

セリーヌさんは、もうすぐ13歳です。 同年代の女の子と同様、セリーヌさんもハイテクに関心がありますが、興味があるのは最新のスマホやiPadではありません。 セリーヌさんが大切にしているのは、最新型のポータブル換気装置です。 セリーヌさんの体験を読む

 

 

在宅での換気治療―Astralのある毎日

 
在宅介護者: ガブリエル・ヘルムスさん      患者さんの症状: デュシェンヌ型筋ジストロフィー

ガブリエル・ヘルムスさんは、20年以上も在宅で換気治療を行う患者さんをケアしてきました。 ドイツで在宅介護を行うガブリエルさんはまた、350人を超える患者さんを担当する介護ヘルパーの教育にもあたってきました。 ガブリエルさんの体験を読む

 

 

Astralのデータ収集機能で赤ちゃんを回復への道へ

 
患者: Kちゃん      症状: 気管支肺異形成症

Kちゃんは、ロンドンのキングスカレッジ病院で、妊娠わずか28週で生まれました。 気管支肺異形成症を生まれ持った未熟児のKちゃんは、出生直後から換気の必要に迫られ、新生児用ICUで長期にわたる治療を受けました。 Kちゃんの体験を読む

Made to work together

ご購入方法

正式な診断を受けたら、担当の医師と相談しながらマスクと装置を選びましょう。

製品をさらに見る

参考資料

  • 01

    2014年度Red Dotデザイン賞医療ライフサイエンス部門受賞 2014年度オーストラリアグッドデザイン賞医療科学部門受賞

  • 02

    テスト条件: 成人、P(A)CVモード、Pコントロール: 20 cm H2O、PEEP: 0 cm H2O、Rate: 15 bpm、Ti:1.2秒