睡眠時無呼吸の治療オプション

睡眠時無呼吸と診断されたら、医師から様々な治療のオプションの説明を受けます。 以下は、最も一般的な3つの治療法です。

  • 持続的気道陽圧 (CPAP)。 CPAPは、最もよく行われる睡眠時無呼吸の"代表的"な治療法です。
  • 自動気道陽圧 (APAP)。 この治療法では、圧力ニーズの変化に対応して夜間の空気圧を変化させ、治療を快適にします。

治療法にはもう一つあります。

  • 手術。 睡眠時無呼吸の治療で手術が行われることもあります。 しかし、手術にはリスクがつきものです。

睡眠時無呼吸には様々な治療法があり、治療を大いに快適にする様々な製品もあります。 医師と相談の上、ご自分に最適な製品を選びましょう。

睡眠時無呼吸の治療のメリット

寝ている時にいびきをかきますか? 朝起きた時に疲れが取れていませんか? 日中いつでも疲れを感じていますか? 以上の質問に1つ以上「はい」と答えた方は、十分な睡眠が取れていない可能性があります。 いびきをかいたり、眠気を感じたりするのは、ただ日中眠くなるというだけではなく、隠れた問題がある可能性もあります。

睡眠時無呼吸を治療することで、こうした問題を解決でき、日中すっきりとした気分で元気に過ごせるようになります。 レスメドの睡眠時無呼吸治療技術なら、今のライフスタイルの支障にならない快適な方法でよりよい毎日が実現できます。

治療についてさらに読む

睡眠時無呼吸の診断を受けたものの、まだ治療を始めていない患者さんは、今後の生活が治療によってどう変わるか、また毎日の活動や対人関係にどんな影響があるか、ご不安をお持ちのことでしょう。