睡眠時無呼吸の一般的な症状

睡眠時無呼吸で最もよくある症状は、家族が最初に気づくいびきです。 また、睡眠中にあえいだり、息が詰まったりするような音を立てていると言われる場合もあります。

さらに睡眠時無呼吸の種類によっては、以下の症状に気づく場合もあります。

  • 継続的な疲労
  • 集中力の低下
  • 朝方の頭痛
  • 憂鬱感
  • 寝汗
  • 体重増加
  • 活力の欠如
  • 物忘れ
  • 性的不全
  •  夜間の頻尿1

ただし、こうした症状が睡眠時無呼吸によらない場合もあります。ご心配な場合は、正しい診断が受けられるよう医師に相談しましょう。

参考資料

  • 01

    Palnitkar G, Zimermann S, Cistulli P. Obstructive sleep apnoea in adults: identifying risk factors and tailoring therapy. Medicine Today 2012, 13(8):14-23

睡眠時無呼吸についてさらに読む

睡眠時無呼吸で悩んでいる方は、たくさんいらっしゃいます。あなたは、決して一人ではありません。 そして、その悩みは改善でき、ひとたび治療を始めれば、気分もとても楽になるのです。

「睡眠時無呼吸」とは何か、また、睡眠時無呼吸 があると体がどう反応するかをお読みください。
無呼吸が起こると、肺への空気の流れが10秒以上も止まってしまい、 ...

睡眠時無呼吸の主な3種類の違いと、ご自分やご家族の症状の見分け方をお読みください。