肥満低換気症候群 (OHS) とは?

肥満低換気症候群 (OHS) は、その名の通り体重過多や肥満の方に起こる病気です。

低換気とは、呼吸が過度に浅いか遅いことを指します。 肥満の方では、呼吸しようと体への負担が増える結果、呼吸器系* が疲弊し、血液中の二酸化炭素の濃度が上がり過ぎ、逆に酸素の濃度が下がり過ぎてしまいます。

OHSの患者さんには以下が見られることがあります。

  • 息切れ
  • 日中の過度の眠気 (EDS)
  • 朝方の頭痛
  • うつ

*Your respiratory system is made up of all the organs in your body that help you to breathe.

OHSについてさらに読む

OHSは内臓に大きな負担をかけ、日常生活でやりたいと思っていることが思うようにできなくなってしまいます。

レスメドの治療装置やマスクは、どこへ出かけるにも携帯できるよう設計されています。