神経筋疾患 (NMD) とは

神経筋疾患 (NMD) は、筋肉をおかす様々な病気の総称です。 これは筋肉自体が弱まって起こる場合も、筋肉をコントロールする神経が弱まって起こる場合もあります。

NMDの患者さんの呼吸不全の症状には以下が含まれます。

  • 嚥下・呼吸困難
  • 疲労、消耗感、眠気
  • 朝方の頭痛
  • 集中力の欠如
  • 不安的な気分

また、NMDの患者さんには以下が見られることもあります。

  • 車いすを必要とする
  • 食べ物を飲み込みづらい
  • 呼吸を助ける呼吸筋が低下する
  • 換気を必要とする

NMDについてさらに読む

NMDは筋肉をおかすので、自力で呼吸するだけの筋力を失ってしまうことがあります。そういう場合は、換気装置を使った治療を始めることが非常に大切となります。

レスメドでは、治療装置や換気装置の開発を通じて、日中は元気に活動し、夜間はぐっすり眠って、患者さんが充実した毎日を送るお手伝いをしています。

様々な研究によると、非侵襲的換気 (NIV) は、神経筋疾患 (NMD) 患者の呼吸不全に関連した症状の改善につながる場合があるということです。