旅行中の装置使用

軽量で非常にポータブルなレスメドの治療装置やマスクは、どこへ出かけるにも携帯できるよう設計されており、 旅行中の装置使用 がこれまでになく楽になりました。 レスメドの装置には大抵標準ユニバーサル電源が付いており、世界中どこでも、飛行機の中でさえご使用になれます。 治療装置があっても、お出かけの計画に支障が出ることはありません。 レスメドの換気装置では、 RPS II 外部バッテリーも使用でき、移動範囲をさらに広げることができます。 キャンプから海外旅行まで、出発前に知っておくべきことについて さらにお読みください 。

 

NMDについてさらに読む

NMDは筋肉をおかすので、自力で呼吸するだけの筋力を失ってしまうことがあります。そういう場合は、換気装置を使った治療を始めることが非常に大切となります。

レスメドでは、治療装置や換気装置の開発を通じて、日中は元気に活動し、夜間はぐっすり眠って、患者さんが充実した毎日を送るお手伝いをしています。

様々な研究によると、非侵襲的換気 (NIV) は、神経筋疾患 (NMD) 患者の呼吸不全に関連した症状の改善につながる場合があるということです。