診断

Diagnosis

睡眠中や日中の呼吸不全は様々な病気により起こります。 例えば、肥満低換気症候群 (OHS)があると、体重過多により下気道 (肺) 周囲の筋肉の負担がかかり、息を十分吸い込みにくくなります。 また、胸壁障害があると、呼吸時に使う筋肉がおかされ、自力で呼吸しづらくなります。

一般的に、呼吸不全が病気の一部の症状である場合、その病気で診断されます。 医師は症状に合った方法で診断を下し、次のステップである治療について患者さんに説明します。 呼吸の妨げとなる COPD、 NMD、 CSR についてと、 小児の呼吸障害について、さらにお読みください。  

睡眠検査

夜間の呼吸不全により無呼吸 (睡眠中に呼吸が止まること) が起こっている場合、医師に睡眠検査を勧められることがあります。 睡眠検査では、睡眠時無呼吸があるか、そしてもしある場合は、どの程度かを調べます。 検査は睡眠検査機関で行うことも、自宅で快適に行うこともできます。睡眠検査についてさらにお読みください。

呼吸ケア

通常の呼吸のしくみを知ると、呼吸がうまくできない原因を理解しやすくなります。