閉塞性肺疾患の治療オプション

レスメドでは、胸壁障害による呼吸障害のための治療装置や換気装置の開発を通じて、日中は元気に活動し、夜間はぐっすり眠って、患者さんが充実した毎日を送るお手伝いをしています。

換気療法の目的は、体に大きな負担をかけずに呼吸ができるよう呼吸器系を補助することにあります。 換気には侵襲的換気と非侵襲的換気があります。

侵襲的換気 (IV) と非侵襲的換気 (NIV)

侵襲的換気療法とは体内に医療器具を挿入して空気を送り込むことで、 以下が含まれます。

  • 挿管:送気のためにのどにチューブを挿入することです。
  • 気管切開:肺に送気するためにのどを切開することです。

レスメドでは、侵襲的換気療法に以下の装置をご用意しています。

他方、非侵襲的換気療法 (NIV) には手術が全く要りません。

NIVは補助換気の一種で、空気を気道と肺に送り込みます。 この治療法は、気管にチューブを挿入しなければならない「侵襲的」な換気と異なり、マスクを通して送気するため、「非侵襲的」と呼ばれます。

換気装置は呼吸を助け、少ない努力で息を吸い込めるようにします。  担当医師は治療に合った圧力レベルを決定します。

レスメドでは、閉塞性胸部障害の治療としての非侵襲的換気療法に以下の装置をご用意しています。

レスメドの換気装置では、RPS IIという外部バッテリーも使用でき、装置を持ってのお出かけが可能です。

胸壁障害についてさらに読む

胸壁障害の治療により生活の質を高められ、趣味やスポーツを楽しく続けられます。

軽量で非常にポータブルなレスメドの治療装置やマスクは、どこへ出かけるにも携帯できるよう設計されています。

拘束性肺疾患とは、呼吸が制限され、長期的に呼吸不全を起こすことがある病気です。