旅行中の装置使用

軽量で非常にポータブルなレスメドの治療装置やマスクは、どこへ出かけるにも携帯できるよう設計されており、 装置を持ってのお出かけ がこれまでになく楽になりました。 レスメドの装置には大抵標準ユニバーサル電源が付いており、世界中どこでも、飛行機の中でさえご使用になれます。 治療装置があっても、お出かけの計画に支障が出ることはありません。 レスメドの換気装置では、 RPS II 外部バッテリーも使用でき、移動範囲をさらに広げることができます。 キャンプから海外旅行まで、お出かけの際に知っておくべきことは何か、出発前に担当医師にご相談ください。

 

 

 

胸壁障害についてさらに読む

拘束性肺疾患とは、呼吸が制限され、長期的に呼吸不全を起こすことがある病気です。

胸壁障害の治療により生活の質を高められ、趣味やスポーツを楽しく続けられます。