睡眠時無呼吸が疑われたら、どうすればいいのでしょうか?

疲れがひどく、やりたい事ができずにいるなら、どこかに問題があるかもしれません。 睡眠障害についてはこちらからご覧ください。 睡眠時無呼吸は、男性では10人中3人以上、女性では5人中1人近くにあります。1

良く眠れない、または気分がすぐれないとお感じの方は、是非医師に相談しましょう。

参考資料

  • 01

    年齢が30歳~70歳の成人のうち、男性の34%と女性の17%は、睡眠呼吸障害があります。 Peppard et al. Increased Prevalence of Sleep-Disordered Breathing in Adults Am J Epidemiol.2013(5.17)

健康的な睡眠についてさらに読む

健康的な食事をしたり、よく運動したりするのと同様、よく眠ることは全身の健康にとって非常に大切です。 毎晩十分な睡眠を取る方法についてお読みください。

いびきの原因 睡眠中は、首の筋肉が弛緩します。 弛緩がひどいと気道が一部塞がれ、狭くなりすぎて十分な空気が肺に届かなくなります。

夜ぐっすり眠れないと、日中も体調がすぐれないことがよくあります。 なぜ睡眠が全身の健康にとって非常に大切なのか、また、ぐっすり眠れないとどんな問題が起こるかをお読みください。