快眠のヒント

以下の簡単なヒントをご参考に、睡眠の質を高めましょう。

以下を実践してみましょう。

  • 毎日の就寝時に同じことをして習慣化させましょう。 毎日同じ時間に就寝・起床する習慣をつけると、毎晩眠りにつきやすくなります。
  • 自分に必要な睡眠の量を知りましょう。 快眠には毎日最低でも6時間、理想的には最大9時間が必要です。
  • 自然光を浴びて生活しましょう。 自然光を浴びると、眠りにつく時間と起きる時間を知らせるメラトニンというホルモンが体内に作られます。
  • 快適な睡眠環境を整えましょう。 寝室を暑くなく、静かで居心地のよい場所にしましょう。

以下は避けましょう。

  • 夜カフェインを取るのはやめましょう。 就寝前の数時間は、お茶、ソフトドリンク、コーヒー、そしてチョコレートも避けましょう。
  • 就寝前の喫煙や飲酒はやめましょう。 アルコールを飲むと眠りにつきやすいかもしれませんが、体に悪影響を及ぼし快眠を妨げます。
  • 寝床でテレビを見ないようにしましょう。 さらに、寝床での読書や飲食、そして仕事も避けましょう。 寝床は眠るためだけの場所であると、体で覚えなければなりません。
  • 昼寝をやめましょう。 昼寝をすると、体が夜眠る必要を感じなくなり、睡眠にも健康にも影響します。

以上のヒントをお試しになってもまだ疲れが取れないようなら、他にも原因がありそうです。 睡眠時無呼吸ではないか、医師に相談しましょう。

健康的な睡眠についてさらに読む

いびきの原因 睡眠中は、首の筋肉が弛緩します。 弛緩がひどいと気道が一部塞がれ、狭くなりすぎて十分な空気が肺に届かなくなります。

夜ぐっすり眠れないと、日中も体調がすぐれないことがよくあります。 なぜ睡眠が全身の健康にとって非常に大切なのか、また、ぐっすり眠れないとどんな問題が起こるかをお読みください。