役員紹介

レスメドの経営陣は、最高水準の倫理観とプロフェッショナルとしての姿勢を追求し、それをお客様、サプライヤー、そしてレスメドのグローバルチームとの素晴らしいパートナーシップに反映させています。 フレンドリーで知的、かつダイナミックな当社の経営陣は、常に的確な解決策と結果を生み出すことに尽力しています。

マイケル・J・ファレル

最高経営責任者 (CEO)

マイケル (ミック) ・ファレル氏は、2013年3月からCEOとしてレスメドを率いています。ファレル氏は、CEO就任前の2011年から2013年まで、レスメドの米州地区支社長を務めました。また、2007年から2011年までは睡眠無呼吸治療診断装置グローバル事業部門副部門長を務めたほか、それ以前には社内のマーケティングと事業開発の各部門で様々な管理職を担当しました。

2000年にレスメドに入社する以前は、アーサー・D・リトル、ゲンザイム・コーポレーション(現在サノフィ傘下), ダウ・ケミカル、BHPビリトンの各社で経営コンサルティング、バイオテクノロジー、化学品、金属製造などの分野を担当しました。

ファレル氏は、世界中の患者に埋め込み型筋骨格医療装置を提供する数十億ドル規模の株式会社ジンマー・バイオメット (NYSE:ZBH) の取締役兼任をしており、ジンマー・バイオメットの報酬・経営管理開発委員会および研究・革新・技術委員会のメンバーでもあります。又、ファレル氏は、レスメドの取締役とワシントンDCに拠点を置く先進医療技術工業会(AdvaMed)の取締役でもあります。ファレル氏は、出身地であるカリフォルニア州サンディエゴの2つの非営利団体ラホヤ・プレイハウスと人類博物館の役員としても地域貢献に努めています。

ファレル氏は、工学士 (最優等学位、ニューサウスウェールズ大学)、理学修士 (化学工学専攻、マサチューセッツ工科大学)、MBA (マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院) の各学位を取得しています。


 

ロバート・ダグラス

社長兼最高執行責任者 (COO)

COOのロバート・ダグラス氏は、2013年3月から社長を兼任し、CEOのミック・ファレル氏とともにレスメドおよび子会社の事業運営全般に対する全責任を負っています。 ダグラス氏は2011年9月からCOOを務めています。 また、2011年5月から9月までは、レスメドアジア太平洋地区支社長兼グローバル供給事業最高責任者として当地区の商品流通・販売おおよびグローバルな製造の最高責任者、2008年6月から2011年5月まではアジア太平洋地区COO、2005年11月から2008年6月まではシドニー支社COOとして製造・R&Dの最高責任者、2003年から2005年までは事業部門担当副社長として製造の最高責任者、2002年から2003年までは循環器・心臓事業の副社長を歴任しました。

ダグラス氏は、2001年にマーケティング担当副社長としてレスメドに入社しました。

ダグラス氏は、電気工学士最優等学位および理学士 (コンピューター科学専攻、ニューサウスウェールズ大学)、MBA (マコーリー大学) の各学位を持っています。


 

ブレット・サンダーコック

最高財務責任者 (CFO)

ブレット・サンダーコック氏は2006年1月からCFOを務めています。 CFO就任前は、2004年11月から2005年12月まで財務副社長を、1998年から2004年11月までレスメドグループ会計士および経理担当者を務めました。

レスメド入社前は、1996年3月から1998年8月までフランスの多国籍企業Saint Gobainのグループ企業であるNorton Abrasivesで財務会計・グループレポート部長の職にあったほか、 1994年11月から1996年3月までは大手私立病院経営会社のHealth Care of Australiaで財務会計を担当しました。 また、1989年から1994年までは、プライスウォーターハウスクーパースのシドニー支社に勤務し、製造・流通、金融サービス、テクノロジーの諸分野を中心とするクライアントの監査業務を行いました。

経済学士 (マコーリー大学) の学位を持つサンダーコック氏は、公認会計士の資格も有しています。


 

デイビッド・ペンダービス

最高総務責任者 (CAO) 兼グローバル法務顧問

デイビッド・ペンダービス氏は、2011年5月にCAOに就任しました。 ペンダービス氏は、2002年9月のレスメド入社以来グローバル法務顧問を務めるほか、2003年2月からは事務部長も兼任しました。 また、2005年2月から2011年5月までは組織開発部門副部門長を務めました。

レスメド入社前は、2000年9月から2002年9月まで法律事務所のGray Cary Ware & Freidenrich LLPの所属弁護士として知的財産と企業訴訟一般を担当しました。 また、1986年から2000年まではGibson, Dunn & Crutcher LLPの所属弁護士だったほか、 1984年から1986年まではカリフォルニア州南部地区地方裁判所の J・ ローレンス・アービング判事の書記官を務めました。 ペンダービス氏はまた、Sequenom, Inc.の取締役も兼務しています。

ペンダービス氏は、文学士 (ライス大学)、理学修士 (経営リーダーシップ専攻、サンディエゴ大学)、法学博士 (成績優秀者、テキサス大学法科大学院) の各学位を持っています。


 

グレッグ・ピーク

睡眠呼吸障害・消費者製品グローバル事業部門長

グレッグ・ピーク氏は、2014年12月からレスメドの睡眠呼吸障害・消費者製品グローバル事業部門長を務めています。 当部門長就任前は、2013年8月からグローバル製品マーケティング ―睡眠呼吸障害装置戦略事業部門長、2012年2月からグローバル製品マーケティング―患者インターフェイス部門長を務めました。

また、2009年から2012年まではシドニーとカリフォルニア州サンディエゴの各支社で製品マーケティングの各職を担当しました。 ピーク氏は研究・技術部門の設計技師として2005年にレスメドに入社し、2007年にグローバルマーケティングチームに配属されました。 レスメド入社以前、Electrolux Home Products, Pty Ltdに勤務していたピーク氏は、世界中で特許登録されている数々の技術の単独・共同発明者として認められています。

ピーク氏は、ニューサウスウェールズ大学授与による工学士 (優等学位、メカトロニクス専攻)と理学修士 (工業デザイン専攻) の各学位を持っています。 


 

ルーク・マグワイヤー

心臓・呼吸ケアグローバル事業部門長

ルーク・マグワイヤー氏は、2014年12月にレスメドの心臓・呼吸ケアグローバル事業部門長に就任しました。 当部門長就任前は、2013年から2014年までは睡眠呼吸障害装置グローバル戦略事業部門の人事部長を、2011年から2013年まではサンディエゴ本社の医療ケア情報科学部長をそれぞれ務めました。 また、それ以前の2009年には、S9™気流発生プラットフォームの開発を担当するなど、社内で複数の製品管理チームを率いました。 マグワイヤー氏は、2004年にレスメドに入社する前は、自動車業界で様々な設計・エンジニアリング業務を担当しました。

マグワイヤー氏は、ニューサウスウェールズ大学授与による工学士 (機械工学専攻)と理学博士 (工学専攻) の各学位を持っています。


 

ラージ・ソディ

医療ケア情報科学グローバル事業部門長

ラージ・ソディ氏は、2014年12月にレスメドの医療ケア情報科学グローバル事業部門長に就任しました。 当部門長就任前は、医療ケア情報科学グローバル事業部門の副部門長を務め、この重要な部門の機能強化に尽力しました。 ソディ氏は、共同設立者兼社長を務めたUmbian Inc.が2012年7月にレスメドに合併されるのに伴い、レスメドに入社しました。

それ以前は、金融サービス業界に身を置き、ソフトウェアおよびSaaSサービスソリューションの設計・開発と管理にあたりました。 具体的には、2005年から2009年までSkipjack Financial Servicesで事業開発担当上級副社長と最高技術責任者 (CTO) を兼任したほか、2000年から2005年まではTransActive Ecommerce Solutionsの共同設立者として最高技術責任者 (CTO) の職にありました。

ソディ氏は、ダルハウジー大学 (カナダ) 授与による理学士 (数学専攻)とMBAの各学位を持っています。


 

ジム・ホリングスヘッド

米州地区社長

ジム・ホリングスヘッド氏は、2013年3月にレスメドの米州地区社長に就任しました。 ホリングスヘッド氏は2010年3月に戦略・事業開発部次長としてレスメドに入社しました。 その後2011年8月には、社内で立ち上げ段階にある事業の促進を担当するベンチャー・イニシアチブ部門の総責任者も兼任しました。

ホリングスヘッド氏は、レスメド入社以前は、18年間にわたり様々な業界の経営陣に向けて戦略コンサルティングを行いました。 2008年9月から2010年2月まではサンフランシスコに本社のあるデロイト・コンサルティングで戦略・ライフサイエンス業務の上級パートナーを務めました。 また、それ以前は、世界一流の戦略コンサルティング企業であるモニター・グループの西海岸経営パートナーでした。 モニター・グループ在籍中は世界中の様々な事務所で働き、ロンドンを拠点とする汎欧州マーケティング戦略業務を含め、3つの業務の立ち上げと運営を行いました。

ホリングスヘッド氏は、文学士 (歴史学・国際関係学専攻最優秀成績者、スタンフォード大学) と修士および文学博士 (政治学専攻、カリフォルニア大学バークレ―校) の各学位を持っています。またカリフォルニア大学では、全米科学財団の大学院生奨学金受給者でした。


 

アン・ライザー

欧州・中東・アフリカ・アジア太平洋地区社長

アン・ライザー氏は、2014年12月にレスメドの欧州・中東・アフリカ・アジア太平洋地区社長に就任しました。 今回の就任前は、欧州地区社長を務めていました。 2006年に販売部長として入社以降、ライザー氏は2007年からはフランス支社の最高執行責任者 (COO)の職にありました。 その間、素晴らしい販売実績と市場シェア向上により、フランス支社の発展において卓越したリーダーシップを発揮しました。

レスメド入社前は、Mölnlycke、Zimmer、American Home Productの各医療機器会社に勤務したほか、 HollisterとMedtronicの各社でフランス・南欧諸国の地区業務を担当しました。

ライザー氏は、法学士 (クレルモン-フェラン大学) と修士 (クレルモン-フェラン大学経営大学院) の各学位を持っています。


 

ドン・ダーキン

イノベーション・業務部門長

ダーキン氏は、2014年12月にレスメドのイノベーション・業務部門長に就任しました。 今回の就任前は、2007年7月から睡眠呼吸障害戦略事業部門長兼戦略事業部門患者インターフェイス担当副部門長を務めていました。 ダーキン氏は1999年8月に製品開発部門次長としてレスメドに入社しました。 2005年にはフランス支社の換気装置業務部長となり、その後は事業部副部長とグローバル製品開発部門副部門長を歴任しました。

レスメド入社前は、分子工学とバイオテクノロジーのAmbri Pty Ltd. (オーストラリア) で業務担当副社長を務めたほか、 オーストラリアと米国で事業を行うTelectronics Medical Systems の製品開発担当副社長の職にもありました。

ダーキン氏は、世界中で特許登録されている81件の技術の単独・共同発明者として認められています。

ダーキン氏は、イギリスで機械工学を学んだほか、ニューサウスウェールズ大学とマサチューセッツ工科大学でさらに経営学も学びました。


 

ヘマンス・レディ

最高戦略責任者 (CSO)

ヘマンス・レディ氏は、2014年12月にCSOに就任し、レスメドのグローバル企業戦略、ベンチャー投資、開発の各分野の全責任を負っています。 2013年9月にレスメドに入社する前は、14年間にわたり、消費者製品、ハイテク、バイオテクノロジーなどの分野において成長戦略を主に担当する戦略コンサルタントを務め、 企業戦略、企業部門戦略、ポートフォリオ戦略、無機成長戦略などの幅広い課題についてアドバイスを行いました。

レディ氏は、レスメド入社前はデロイト・コンサルティングの戦略業務を担当するMonitor Deloitteの主任として、サンフランシスコ事務所の共同リーダーを務めました。 それ以前は、Monitor Groupに在籍し、北米地区企業財務活動の共同リーダーとしてM&Aアドバイス業務を共同で担当しました。

レディ氏は、理学士 (コンピューター科学専攻、コーネル大学工学部)とMBA (財務、戦略、マーケティング専攻、コーネル大学ケロッグ経営大学院) の各学位を持っています。 


 

フランク・ラカーニナ

最高情報責任者 (CIO)

フランク・ラカーニナ氏は、2010年9月に米州地区IT担当副社長としてレスメドに入社し、 2012年2月にCIOに就任しました。

ラカーニナ氏は、過去28年間にわたり、半導体製造会社、金融会社、政府、保険会社、医療機器会社の各組織で、IT部門の長を務めてきました。 最初の14年間は、モトローラの半導体製品部門でイノベーティブな技術ビジネスソリューションの導入にあたり、また、モトローラから独立したON SemiconductorでビジネスアプリケーションのIT部長を務めました。 さらに、アリゾナ州スコッツデールのインディアン統治区で3年間CIOを務め、IT部門を率いて公安、司法管理、患者管理などの主要な公共サービスやシステムを新たに実施し、サービス機関の大きな成長に貢献しました。

ラカーニナ氏は、グローバルなIT組織の管理を専門とし、特に組織の立て直しや効率化に手腕を発揮しています。 ラカーニナ氏は、ビジネス経営学士 (情報システム管理専攻、アリゾナ大学) と 応用科学準学士 (コンピュータープログラミング・分析専攻、ピマ・コミュニティ・カレッジ、アリゾナ州チューソン) の学位を持っているほか、 さらにアリゾナ州立大学のサンダーバード国際経営大学院と W.P. キャリー経営大学院でリーダーシップと経営学を学んでいます。


 

リッチー・マクヘール

最高人事責任者 (CHRO)

2013年11月にCHROに就任したリッチー・マクヘール氏は、 レスメドの従業員と企業戦略の橋渡し役を担います。 ライフサイエンス分野で25年の経験を積むマクヘール氏は、主に製薬、バイオテクノロジー、医療技術の各産業界で商業部門の各職を担当してきました。 CHRO就任前は、レスメドのイギリス支社長としてイギリス地区での大きな発展に寄与しました。

2011年のレスメド入社前は、UCB Pharmaのイギリス・アイルランド支社長を務めたほか、 European Medicines Group会長と英国製薬産業協会 (ABPI) の理事も兼任しました。

マクヘール氏は、コーチング心理学で修士を取得しており、英国心理学会とロンドンのMetanoia Instituteの各会員でもあります。